1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category: コンレポ

Tags: ---

 

デビュー10周年記念スタジアムライブ 【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN】

あんにょん。

おぜっくイムニダ。



ってことで行って参りました

デビュー10周年記念スタジアムライブ
【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN】

ATBB2016080101.jpeg
ATBB2016080102.jpeg
ATBB2016080103.jpeg
ATBB2016080104.jpeg
ATBB2016080105.jpg

楽しかった山の如し


MY HEAVENで登場した瞬間
自分の目であと何回この光景を見ることができるんだろうと
急に感傷的な気持ちになり
開始10秒で泣いたアカウントがコチラです(爆


お盆生まれ夏嫌いのおぜっくがあんなに危惧していた暑さも
命の危険にさらされるレベルではなく
夕暮れ時のそよ風がとても気持ちよく風流でした

ただ
ざっくり開けたたぷの白シャツの間に露わになった胸元に
汗でぴったりと張り付く黒いスカーフタイが
なんとも暑苦しくてそれもまた風流でした


もちろん案の定
たぷの衣装だけ季節感ガン無視の厚着コーディネート炸裂で
隙あらば後ろを向いて汗をぬぐいまくってましたよ

真夏の野外コンサートでロング丈のジャケットに手袋とか
もはや拷問(爆





レポってほどでもないですが
覚えてることをいくつか



テソンソロステージ中に登場したスン

マンネラインコラボステージのじょいふる前のMCで
コンサート後、他メンはメイクルームで化粧を落とすのに
テソンはホテルに帰ってから落とすという話になり
どうやって落とすのかコツを教えると言うテソンの衣装が
キラキラピンクのセットアップで
完全にオネエメイクアップアーティストと化した件

コツは両手の薬指を使い毛穴の方向に逆らって動かす事だと
かなりの尺を使って丁寧に説明していましたが
会場全体(少なくとも1万人)はこう思いました

その情報いる?





毎度おなじみになりました
ジヨン大先生によるMC明けの曲振り

スタジアムライブでのMC明けはBANG BANG BANGだったのですが
GD「ヨルガキタ〜メザマシナ〜、アッッ/////」
他メンに指摘され間違えに気づくジヨン君

完全にMADEツアーのセトリを引きずってましたが
「ほら、そろそろ夜になってきたからつい…」と必死に言い訳をするジヨン君が
奥歯で噛み砕きたいくらい可愛かったので許す


そうそう
たぷペンのくせに今回の公演で一番楽しみにしてた
ジヨン君ソロのハーブレは期待通り最高でした

衣装は田舎の子持ちヤンキーの休日でしたけどね←余計な一言


ただ
ジータプ、ジヨンベ、自分のソロと出ずっぱりで
後半になるにつれて明らかにHPが切れ気味のジヨン君に
MADE映画でステージ袖でブッ倒れる悪夢が脳裏をよぎり
気が気じゃなかったですよ





そして
一番大盛り上がりだったこのくだり


映画「BIGBANG MADE」で物議を醸したあの一幕

過去記事はコチラ↓
びっべんドキュメンタリー映画「BIGBANG MADE」
http://addictedtobigbang.blog.fc2.com/blog-entry-1199.html


見た目は大人、頭脳は子供
その名も名俳優チェ・スンヒョン(←コナン風に言ってみた)
のイタズラでこの世に生み出された
負の遺産ことスンのシャワー動画

再生前の静止画の状態でも
かなり際どい感じ(18禁的な意味で)だったのですが
再生ボタンを押せば今すぐにでも
スンのホッスンがレッツトークアバウトラブされてしまう(←意味不明)
んじゃないかと終始ヒヤヒヤしましたが
今回の公演では結局再生されなかったみたいですね

危うくスンの男優デビューをこの目で見届けるところだったぜぇ←


いつになく大盛り上がりの会場にスンが何度も
「形はみんなと変わらないですよ。」
「形はみんなが思ってるのと同じですよ。」


大きさではなく形に固執するあたりが妙にリアルで
変な鳥肌が立ちました
(爆


果たしてあの動画に需要があるかは分かりませんが←
ベベが撮ったたぷのシャワー動画なら
リアルに金積むんで見たいです(真顔



書き続けてたらキリがないので
おぜっく的レポはとりいそぎこんな感じで

思い出したらちょいちょい書いていこうかなと思ってます





今回ももちろん
たぷの入隊時期に関して具体的な言及はありませんでしたね

2016ドームツアーも発表された今
疑心暗鬼なおぜっくはたぷが出るかどうかを未だに疑っていますが
どの公演も行くからには悔いのないように
己の目に焼き付けたいと思います

ATBB2016080106.jpeg

この世で一番大好きなこの光景を



あんにょん。




スポンサーサイト

03

Category: コンレポ

Tags: ---

 

TGCおぜっく的レポ

あんにょん。

おぜっくイムニダ。





ちょっと時間が空いてしまいましたが(時差です)
先週末に行われた『東京ガールズコレクション』

ATBB2015030304.jpg
ATBB2015030303.jpg

楽しかった山の如し!!!!!

(たった4曲でこの燃費の良さ)←


ドームツアーが終わってから
さほど時間は経っていないはずなのですが
ここ数ヶ月の奴隷生活で深刻なびっぺんロスに陥り
乾ききったおぜっくのオアシスが
洪水のごとく潤いました
(ジュンジュワ〜


セトリはもう皆さんご存知だとは思いますが
1.TONIGHT
2.HANDS UP
3.BAD BOY
4.いつもの
←おい


この曲のステージは
千手観音の指を借りても数えきれないくらい
今までに何度となく見てきているはずなのに
毎回初めて見るくらいのテンションになれる
5人でステージに立つパワーは計り知れないです

ATBB2015030302.jpg

いつものようにおぜっくの
セルフマルチアングルが発動して
双眼鏡でたぷのみ(←おい)を追う気はマンマンだったのですが

びっべんが登場した瞬間
あまりの興奮で手がガタガタと震え出し(←老化現象)
双眼鏡が全く使い物になりませんでした(爆



今回の『東京ガールズコレクション』

いつものコンサートと違って
ペンじゃない人もその場にいるというアウェーの状況下で
登場した瞬間に会場全体が一気にびっべんに飲み込まれるその雰囲気に
武者震いのような感覚に陥りました

と同時に

こんなにもパワーを持っているグループの
いちペンであることを誇りに思いました



にしてもスゴかったのが
スタンディングのアリーナエリア

開演時間の15時を迎えオープニングアクトのパフォが終わり
ランウェイのステージが始まってしょっぱな
ステージ前のアリーナにびっべんのペンラがちらほら見えたので
『おぉ!びっぺんいるいる!ファイティン!!』
と心の中でエールを送っていたら
ステージに【例のモデル】が歩いてて(←気付くの遅)
いろんな意味でエールを送りました(爆


まさかしょっぱなの1人目で
あの人出すとは…ね、ねぇ…(汗

圧死エリアにいた徹夜組のジヨンペンの
心中お察しします(合掌)


そう、今回アリーナの一部は
出入り自由のスタンディングエリアということもあり
最前でびっぺん見たさに徹夜組も出るくらいの
争奪戦だったみたいなのですが…

考えてみて下さい

びっべんの登場は大トリの21時
つまり前夜から24時間近く待つという
途方も無い拷問が待ち受けているのですが
その苦行をくぐり抜けた勇者たちがひしめき合うアリーナは
トイレ等でひとたびその場を離れようもんなら
その場所にはもう二度とは戻って来れないことを意味する為
イベが始まった直後から一切と言っていいほど動き(流れ)がなく
(出入り自由のはずなのに途中から入場制限かかっていました)
微動だにせずただひたすら6時間後のびっべんを待つペンで静まり返り
側から見るとそれはそれは異様な光景でした

まぁこんな小さな箱でしかもスタンディングで
びっべんのステージを観れる事なんてそう無いですからね(鼻ほじ)

出入り自由なので余裕があったら
アリーナに流れ込もうかなと少し思っていた
自分のケツはまだ青かったです



そうそう、びっべんを待つ間
ステージでは常に何かかしらのショーが行われているのですが
会場内に設けられたイベントスペースでも様々な催しが行われていたので
せっかく来たのだからと無料でヘアセットをしてくれるブースに立ち寄りました


そこで担当してくれた
美容師の女性に話を振られ

おぜっく「びっべんのステージを観に来ました。」

と答えると
びっべんのリハを見ていたというその美容師さんが教えてくれたのは

美容師「あんまりカッコ良くなくて日本語上手な人が
スタッフに指示出してたんですが、あの人がリーダーなんですか?」


おぜっく「違います。」(全力で)

美容師「ここの曲と曲の間をもっと空けて下さい。って感じで
かなり頼もしい感じでしたよ~。」


さすがびっべん兼スタッフ(こら


おぜっく「ぶいあいって言う子ですよ。
ちなみに一番年下です。」


美容師「……………」


(会話終了)


しかしまぁ
相手がどれだけ熱狂的なファンか知らないで
『あんまりカッコ良くない人』って…(汗

人によってはコテを奪って焼き返すくらいの
返り討ちにあってもおかしくない発言をする
なかなか破天荒な美容師さんでした
(悪気は無いんだろうから別にいいけど)


そんな一幕もあり
もしかしたらこの会場でびっぺんは
ほんの一握りだったらどうしようという不安に駆られましたが
その心配は全く不要でした

びっべんのステージが始まった瞬間
ほぼ7〜8割でペンラが点きましたからね

贔屓目でなくても
さすがびっべんと言えるくらい(完全に贔屓目ですが)
会場全体が沸き立つ圧巻のステージでした


あえて文句をつけるなら(結局つけるんかい)
どのパートでどのメンバーを抜くかというのは
リハで事前に把握しているとは言いつつも
スイッチャー(モニターの画面を切り替えるスタッフ)が
いつものコンサートスタッフのカメラマンではない為
いつの間にかジヨン君がグラサンはずしてたり
たぷのソロパートで
完全に油断してる他メンが抜かれてました(爆



6時間に渡る長丁場の大トリと言うこともあり
盛り上がりも最高潮に達した会場で満を持して登場した興奮から
曲間のMCでは
スンの早口が8倍速くらいになってました(爆


普段聞き慣れているびっぺんの私達でさえ
かろうじて聞きとれるレベルだったので
恐らく非びっぺんからすると
彼は韓国語を喋っていたと思われていたでしょうね(爆



先程も申し上げました通りあまりの興奮状態につき
パフォに関してはあまり覚えていないので
誠に勝手ながら細かいレポは割愛しますが

ひとつ覚えているのは

ATBB2015030301.jpg

たぷが超絶可愛かった

(結局)



あんにょん。




12

Category: コンレポ

Tags: ---

 

【ざっくりテソコンレポ】0611@横アリ

あんにょん。

おぜっくイムニダ。



はぁ…

テソンと結婚して
本当によかったと思います
(寝言)←





ってことで昨日
おぜっくの生まれ故郷である横浜の地でついに幕を開けた
『D-LITE DLive 2014 in Japan ~D'slove~』

テソンならびに参戦された方
お疲れ様でした〜


いやぁ…ホント



こんなに素敵な言葉がある

短いけど聞いておくれよ

愛 し て る


(歌うたいのバラッドより)





もはや一緒に歌う事や
歓声を上げる事すらも惜しまれるテソンの歌声

その歌声にその場にいる全員が息をのんで聞き入った結果
歌い終わった後に訪れる
この会場には誰もいないんじゃないかと錯覚する程の静寂

その後の拍手に満面の笑みを浮かべるテソンを思い出すと
今にも破水しそうです




昨日の今日で興奮冷めやらぬおぜっくですが
早速ざっくりですがコンレポ書きました

(つまり今日暇なんです)

早く投下したくて書きたい事の半分も書いていないので
思い出し次第今後の記事内で
ちょこちょこ書いていこうかなと思います

なお、なるべく触れないようにしていますが
一部にネタバレの内容を含みますので
予めご了承ください





今回のテソコン2014

よくも悪くも昨年のライブを
かなり引きずった内容だったという印象を強く受けました

特に感じたのは
去年と同じ曲歌い過ぎな件(爆

↑これ言うべきかな…と思ったけど
たぶんみんな同じ事を思ってる…はず(汗



セトリはこんな感じ
(拾いものなので合ってるかは不明)

1.陽のあたる場所
2.全力少年
3.I LOVE YOU
4.アイ
5.Rainy rainy
6.醒めて、眠れ
7.古い日記
8.シーソーゲーム
9.WINGS
10.逢いたくていま
11.ウソボンダ
12.夢の蕾
13.baby don't cry
14.じょいふる
15.Hello

~アンコール~
16.ナルバキスン
17.FANTASTIC BABY

~ダブルアンコール~
18.全力少年
19.WINGS
20.歌うたいのバラッド



日本語バージョンで新しくなったとか度外視で換算すると
20曲中14曲が去年と同じ曲ですからね(怖


しょっぱな『陽のあたる場所』が流れた瞬間
もしや…これは…去年の焼き増し公演なのではという
一抹の不安を抱えながらコンサートがスタート

その後も
ちょいちょい初出の曲はあるものの
去年のカバーアルバム収録曲を
どさくさに紛れて織り交ぜるセトリが続き

もう歌わなくていいとおぜっくがあれだけ訴えていた←
『じょいふる』の前奏が流れたその時
これを止められるのはもう
いきものがかりしかいねぇって思った
(爆


不幸中の幸いは今までのじょいふるから
バージョンアップしていて
各メンバーのソロ曲のワンフレーズに合わせて
じょいふるという歌詞を当て込む
他メンペンを意識した構成が新たに登場しました


スン:STRONG BABY
クラップ!の部分(たぶん)←記憶薄
じょいふっ!じょいふっ!じょいふっ!じょいふっ!


ベベ:RINGA LINGA
リンガリンガリーンの部分
じょいふじょいふじょい じょいふじょいふじょ〜い(連呼)

語呂の悪さ(爆


たぷ;DOOM DADA
ヘンジ〜ンの部分
ドゥンダダディヴィダーダ ドゥンダダディヴィダーダ ドゥンダダディヴィダーダ ドゥン
\じょいふ〜る/


ちゃんと照明が赤になって行進の振り付けも完璧でした
さすがたぷの嫁


ジヨン:ピタカゲ
今夜はピタカ〜ゲの部分
今夜はじょいふ〜る

いよいよ待ちに待ったジヨンバージョンで
否応無しに期待値の上がる会場を裏切るかのような一瞬の出来事に
何を歌ったのかすぐに分からなくてザワつく会場(爆





もはやテソコンを代表する風物詩
ギタリスト進ちゃんとの公開羞恥プレイ
去年からさらにバージョンアップ

鎖には無数のバラが取り付けられ
ピンクの照明の下でテソンの体にグルグルと巻き付けるという
きちんとしたワンコーナーに発展(爆

テソン『やっぱり鎖大好きィ〜〜〜〜〜』←相変わらずのエコー

やっぱりwwwww





前回好評を博したグッズ紹介のVTR
味を占めたのか今年は気合いの入りっぷりが
尋常じゃありませんでした

ロケに出てるし(さすがに何かの撮影のついでだとは思いますが)
去年はテソマネJJとグッズデザインのナ◯さんだけしか出てこなかったのに
今回は誰?っていうエキストラがめっちゃ出てくるし
外部の編集を使ったであろう編集とかしてるし
まぁいくらでも凝ってくれていいのですが

紹介VTRに気合いを入れる前に
テソコングッズのクオリティをどうにかしてく(以下略)






出だしで立て続けに数曲歌い少し息があがった様子で
自分がちょっと休みたいからという理由により
関係者席を紹介するくだりに

いつぞやのテソコンで観覧に訪れたジヨン君が座っていた
ステージ向かって右手の2階席におそらくYGEXの社長?と
無邪気にペンラを振る

ATBB2014061201.jpg

アラサーの星ダラちゃん

きゃんわ〜〜〜〜〜〜/////
おぜっくが男だったら絶対付き合ってるわ←?


そしてその一行から仕切られた左のスペースに
同じベットで寝た仲でもある
ウザイことジャンポケ斎藤さんが登場

去年に引き続き
今年も足しげくテソコンに通う斎藤さんが

ATBB2014061202.jpg

どこかの誰かさんに息の根を止められるのも
時間の問題に
(爆


ATBB2014061203.jpg

↑どこかの誰かさん


関係者席紹介のくだりのテソンは
よほど小休止したかったんでしょうね
ウザイのキャラ誕生秘話(はねトび)から馴れ初めまで←
もういいよってくらい詳しく説明してました





お色直し(衣装替え)の合間に流れる映像
トさんのオフの過ごし方 in 北海道 ~冬~

大したコンセプトもなく←
北の大地で無邪気にはしゃぐテソンを
会場全体でウヘウヘヨダレを垂らしながらただ見守るという
奇異な状況になります

その映像はまるでテソンとデートをしている錯覚に
陥るような内容となっているのですが
コンサートDVDに入れる気満々な
エ◯ベの思惑がマル見えでした(爆





終演後に今夜はブギー・バックにのせてエンドロールが流れるのですが
北海道ロケの合間に撮られたであろうオフショット的なサジンが満載なので
時間の許す方は是非最後まで見てから席を立つ事をおススメします

なぜなら
一番最後のサジンが国宝級(爆


最後の最後までチングと
子宮がぁあああああ!!!!!
とか言いながら騒いでた人(迷惑)





しょっぱなは赤いセットアップのスーツに
モノトーンのヒョウ柄(たぶん)のシャツ

明るめに染めた茶髪に
ステージ仕様で少し強めのパーマ(っていうかコテ)も相まって
まぁ歌舞伎町でしたよ(爆


にしてもあの髪型
コンサートには不向きなんじゃねぇかと思うんですよ
(去年の髪型に戻して欲しいから悪態をつく人)←

色気たっぷりにかきあげる姿が
何度も観れるのはいいのですが

汗を含んだ途端に予期せぬ方向にクルクルとうねり出し
I LOVE YOUの薄暗いライティングに浮かび上がるシルエットが
完全に葉加瀬太郎だった件(爆


北海道の映像が流れた後
やや引っ張り過ぎなんじゃないかってくらい長い
バンドに乗せて登場したお次の衣装は
テソンの専売特許
白T(透ける仕様)←ココ重要

にしきのあきらもびっくりの
そうめんのような飾りが付いた←説明ヘタすぎワロタ
シルバーのライダースに、注目は
水平方向に切れ目のダメージ加工が施された白パンツ

その白パンが思いのほか股下付近までざっくり切れていて
ボクサーパンツだったら見えるんじゃないかってくらいの位置まで
テソンの肌色があらわになっていて
テソンのジャングルポケットまであと一歩でした





書き出すと止まらないので
とりあえず今日はここまで

本日の横浜公演に参戦される方
どうかご無事で(南無)



あんにょん。




31

Category: コンレポ

Tags: ---

 

おぜっくのちょい出しソウルコンレポ【ファンサ編】

あんにょん。

おぜっくイムニダ。



来月に控えたペンミのグッズが
ついさっき公開になりましたね〜(鼻ほじ)

まだ売るんだと思った人←


VIPの方はコチラからどうぞ

VIP JAPAN
http://fc.avex.jp/vip/


恐らくすぐに解禁になるとは思いますが
現時点でVIPJだけの情報なので
公式サイトに出たら記事にしますね





ってことで
出切ってから一気に回収してやろうと
溜めに溜めていたソウルコンのサジンを
昨日ざっくり回収したのですが
相変わらずびっべんの誇る生え際王子(←)のサジンが
ズバ抜けて多いのは想定の範囲内として…

今回たぷのサジン
少なくね?(怒


まだ全部追えてないのですが
今のところおぜっくのフォルダだと
テソンよりもスンよりも少ないという
怪奇現象が大発生(白目)

しくしく…(泣





ちょっとここで
おぜっくのちょい出しソウルコンレポ
(↑いつの間にか謎のネーミング、しかもダサい)



今回のソウルコンで、あるメンバーから
限定ファンサ(自分にだけされるファンサ)を
もらう事が出来ました

そのメンバーというのは…


ドドドドドドドドドド…
(ドラムロール)


ATBB2014013100.jpg

人間界に舞い降りた糸目の天使←
テソンです〜



と言うのも
今回のソウル遠征の同行チングが
おぜっくのたぷ好きと張るくらいの
熱狂的なテソペンだったのですね


(見るだけファンサが鉄板の
たぷのファンサは最初から諦めていたので)←

コンサート中にテソンが近くに来た時には
2人で血眼になってアピールしていたのですが
コンサート中盤で遂にその思いが届き
限定ファンサされた時のチングの
発狂っぷりったらそれはもう…

ATBB2014013101.jpg

寝込むレベル(画像参照)←



同行のテソペンチングとは
先日の京セラも一緒に参戦したのですが
その時はアリーナ2列目横から5番の
近年稀に見るトロッコ神席で
そこでもテソンのファンサを貰えました

残念ながらその時は限定ファンサではなかったので
チングはテソンのスローガンを忘れた後悔の念に苛まれ
相当なダメージを負っていました

その教訓を生かしてチングは
今回のソウルコンはスローガンに加え
テソコングッズのタオルを完全装備し
全身でテソペンを主張するスタイルで
満を持して参戦



毎度お馴染み
何の曲かは忘れましたが(←覚える気ゼロ)
ペイズリーかミリタリーの衣装の時

他メンはサブステでファンサやパフォに勤しむ中
突然テソンがフラフラと
花道中程までやってきました


盛り上がりも最高潮のコンサート中盤

スタンディング席もMAXレベルでごった返していたため
そこまで前には行けなかったのですが
目視で細目の視線の先を確認できるくらいだったので
ここぞ!!!!!とばかりに
後ろの人にごめんなさいしてテソコンのタオルを掲げ

声帯を犠牲にする覚悟の
断末魔の叫び
byテソペン(withたぷペン)←


するとテソコンタオルに気付いたテソンが
ハっとした顔でタオルをゆび指し
『うん♡うん♡』と2回頷いてくれました


↓こんな感じで(※イメージ図です)

ATBB2014013102.jpg

たぷ…ごめん(真顔)←



それはそれは
この世のものとは思えないくらいの
ミカエルスマイル炸裂でしたよ


チングと顔を見合わせながら
狂喜乱舞するたぷペン(こと俺)

しばらく頭の中が
テソンのことばかりだったのは
ここだけの話



はぁ…(遠い目)

ATBB2014013103.jpg

ブサカワいいわぁ〜



あんにょん。




28

Category: コンレポ

Tags: ---

 

ソウルコンおぜっくファンカム

あんにょん。

おぜっくイムニダ。





昨日ツイートでもぼやきましたが
先週公開になったたぷ主演映画『同窓生』

いつ観に行こうかな〜と
鼻ほじりながら上映スケジュールを調べて
戦慄しましたよ

上映期間が2月7日(金)までという
スンちゃん並みの
せっかちスケジュール
(爆


短過ぎワロタwww


実はおぜっく
映画関連の仕事もちょいちょいやってまして
フリーペーパーの新作の映画を紹介する
ページを担当しているのですね

前作『戦火の中へ』の時はたぷのサジンを
せっせとレイアウトしてたので
(その頃はまだペンじゃなかったので華麗にスルー)

お魚を見つめるたぷの画面写真が
素材として配給会社から送られてきたら
デスクで発狂するかも
と胸を躍らせていたのですが
あまりの小規模スケジュールにつき
冊子に取り上げられないトラップが大発生(白目)


上映期間たったの2週間て…(遠い目)


3種あるピクチャーチケット欲しさに
3枚コンプで購入したペンは(←自分)

2週間の間に3回観ろと!?

5日に1回観ろと!?

ウェ!?(※荒れてます)



とりあえず今週末に1回観る予定があるのですが
来週の平日に2回観ないといけないという
トム・クルーズでもなかなかの
インポッシブルなミッションが
待ち受けております

でもあんな大画面でたぷを堪能できる機会は
そう訪れないので這ってでも行きますけどね


おぜっくと同じくたぷのピクチケが
1800円のブロマイドに変わりそうな方は
コチラから確認をして劇場にBダッシュですよ


『同窓生』公式サイト/劇場情報
http://www.dousousei.jp/theater.html


上映館の少なさよ…(遠い目)





ってことで
前置き長くなりました



鬼のように上がるソウルコンのサジン回収を
早々に諦めた根性無しびっぺんのおぜっくです
(ただしたぷ以外)←おい


前回参戦した時もそうでしたが
ソウル公演は何食わぬ顔でサジンを撮るペンが
うじゃうじゃいます

まぁいつもそのおこぼれに
あやからせて頂いているので何とも言えませんが
コンサート中盤にもなるとほとんどのペンが撮影をし
ペン達が掲げるスマフォが邪魔で
途中何度もブチ切れそうになりました


皆さんご存知の通り
おぜっくが参戦した25日は京セラ最終日と同様
アンコールのBADBOYアレンジVer.で
撮影許可が下りました


京セラの時は3階席からの
素敵な夜景が撮れましたが←
今回はスタンディングという事もあり
動画を撮ってみました


撮影位置はココらへん

ATBB2014012706.jpg


残念ながら動画はズームが出来ないのでこの距離ですが
体感はもう少し近かった気がします


ごった返すスタンディングの中で
割と見やすく撮れているいるのは
170cm近い身長と
ちょっと自慢の長い腕のお陰かなw


ということでおぜっくブログ初
動画を載っけてみました〜〜〜〜〜!!!!!

(朝イチでツベの登録から始めて
ようやくここまでたどり着いた…汗)


おぜっくは動画が上げられるようになった
(レベルアップの音楽)



圧縮の仕方とか分からなかったので
すんげー重たいかもしれませんが
そんなん知ったこっちゃありません←おい

BADBOYから最後の退場まであります

たぷの変声の『アンニョ〜ン』
萌えますよ(そこ?)







あんにょん。





プロフィール

おぜっく

Author:おぜっく
あんにょん。おぜっくイムニダ。
BIGNBANGを追いかけて最新情報から過去の情報まで、マイペースながら日々綴っているBIGBANGブログです。たぷぺんですがメンバーみんな大好きです。何かとツッコミが多いですが、すべて愛のあるツッコミなのであしからず。
誠に勝手ながらただ今コメ欄閉鎖してます。twitterでは気まぐれですがリプ返していますのでお気軽にどうぞ。
※当ブログ内で使用している画像・自作の画像等は、個人で楽しむことを目的とし、著作権を侵害する使用目的ではありません。
著作権・肖像権は画像元である各サイト等に帰属します。

公式twitter
FC2カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
韓流スター
35位
アクセスランキングを見る>>
NOW ON SALE
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。